ホーム > 健康教育コーナー > あなたの目は大丈夫??~緑内障~

健康教育コーナー

あなたの目は大丈夫??~緑内障~

日本での失明原因の1位は緑内障です。40歳以上の日本人には20人に1人の割合で、緑内障の方がいることがわかりました。目から入ってきた情報を脳に伝える「視神経」に障害が起こり、「視野(見える範囲)が狭くなる」病気ですが、視野が欠けていることに気づかずに過ごしている人が大勢いることもわかってきました。早期発見・早期治療によって失明に至る危険性を少しでも減らすことができるので、40歳以上の方には覚えておいてほしい容器です。

「房水(ぼうすい)」という液体が目の中を循環して血管へ流れ出ていくのを繰り返し、房水の量によって起こる圧力(眼圧)で眼球の形状が保たれています。房水の流出口が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇すると視神経が障害されやすくなります。流出口が完全に閉じてしまう急性なケースもあります。また、日本人では眼圧が正常値での緑内障が多く、視神経の血流悪循環や遺伝、免疫、酸化ストレス、加齢、近視などで視神経が障害されているのではと考えられています。

緑内障の進行は非常にゆっくりで、片目ずつ別々に、少しずつ見える範囲が狭くなっていきますが、両目で見ているため、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。そして、障害された視神経は回復することはなく、失った視野や視力は治療によって取り戻すことができません。緑内障の治療は、病気の進行をゆっくりにするためのもので、見え方を改善することはできないのです。主に、眼圧を下げる治療を行います。眼圧が正常値の緑内障でも、眼圧をさらに下げることで病気の進行を遅らせることができる可能性があります。眼圧の正常値は10~20mmHgで、1日の間でも時刻により変動し、冬は高く、夏は低くなりやすいなど、個人差も様々です。

治療が遅れると失明に至ることもあるため、症状がなくても、40歳を超えたら、年に1回は眼科検診を受けましょう。
眼圧検査、隅角(ぐうかく)検査(流出口形状を確認)、眼底検査(視神経障害を確認)、視野検査などを行います。

一覧へ戻る