ホーム > 健康教育コーナー > 悩める生理痛

健康教育コーナー

悩める生理痛

子宮内膜へ受精卵が着床せず、妊娠しなかった場合には、子宮内膜が役目を終えてはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。これを月経(生理)といいます。月経時には痛みを伴う方が大半ですが、痛みのもとになっているのが「プロスタグランジンE2」という物質です。子宮内膜から分泌され、月経血を体外にスムーズに押し出すために子宮を収縮させる働きをします。出産時の陣痛の痛みもこのプロスタグランジンE2が原因です。

生理痛体が冷えて血流が悪くなると月経血の排出がスムーズに進みにくくなるため、月経血を体外に出そうとして、プロスタグラン ジンが過剰に分泌され、子宮が強く収縮し生理痛が起こります。血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなり、頭痛やめまいが現れることもあります。さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にも。

ストレスもホルモンや自律神経のバランスを崩し、血流を悪くさせます。体温調節の機能なども低下させ 、不快な症状を感じやすくさせます。低用量ピルはプロスタグランジンの過剰な産生を抑え、鎮痛薬は合成されてしまったプロスタグランジンを分解します。

食用油などに含まれる「リノール酸」から合成される「アラキドン酸」によって、プロスタグランジンE2が合成されます。合成原料となるリノール酸の摂取量を減らすことや、血流をよくし、プロスタグランジンE2が過剰に分泌しなくても月経血排出がスムーズに進めば、痛み物質が過剰にならずに済むのです。

暑い夏でも、エアコンや薄着によって体を冷やさないように心がけましょう。

一覧へ戻る