ホーム > 健康教育コーナー > ダイエットの基本原理

健康教育コーナー

ダイエットの基本原理

「わたしは水を飲んでも太るんです」と語る人をときどき見かけます。でも、そんな人が本当に何も食べずに、ビタミン剤と水だけで生活すれば、一ヶ月後には、男性なら10~17kg、女性なら6~12kgは体重が減ってしまいます。

仮に何も食べなければ、一ヶ月後に10kg減っているとしましょう。その一ヶ月間にちょっと食べてしまうと、7kgしか減りません。もうちょっと食べると5kg、「ええい、もっと食べてしまえ」とばかりに食べても、3kg減っています。そして、さらに食べたときに、つまり、今の体重を維持するだけのカロリーを取り続けたときには、体重はまったく減らないということになります。

以上のことから、食べる量を少なくすると、確実に体重が減ることは理解できると思います。私(風本)の減量指導の経験では、一日400kcalほど食べる量を減らせたら、一ヶ月後には2、3kgほど体重が減っているようです。
2、3kgの脂肪の塊を実際見ると、びっくりすることでしょう。

運動ももちろん大切ですが、あくまでも食べる量を減らす、いや正確には適量にする。
その当たり前のことをシンプルに実践するのが、体重管理の基本です

なかなかうまく減量できない人は、「私はそんなに食べてないはずです」といいわけをします。そのような人は、「食べていないはず」ではなく、「今の体重を維持するだけ、しっかりと食べている」と考え直すようにしてみてください。

一覧へ戻る