Q&A

Q&Aで説明する「6つの資格とは?」

結婚する予定の相手の女性が予想医学検定の資格を持っていると言っています。夫になる私にはどんなメリットがあるのでしょうか?

5つのことを意味しています。
1つは、病気でない人を病気にならないように指導することに関して高度の知識を持っているということを意味しますから、夫の健康を支える妻として非常に優れているということ。
1つは、子供の身体と脳の発育に関してしっかりとした医学的観点の知識を持っているということですから、子育てに関して安心してみていられるということ。
もう1つが、家族内の健康問題で困ったことが生じたときに、アドバイスしてくれる医師がバックにいるということ。
そして、もう1つが、その女性が生涯学習の向学心ある女性であるということ。
そして、最後の1つが、家族作りに必要な知識を身につけて、結婚前にすでに家族計画をまじめに考えていたということです。
それらのことから、その女性は、夫を迎え、子供を育て、家庭を築くのにあたって、強い責任感を持っている女性であると考えることができます。

通っているスポーツクラブのインストラクターが、体重管理指導士の資格を持っているとのことです。どんなことを教えてくれるのでしょうか?

そのインストラクターが体重管理指導士の資格を持っているということは、身体状況の未来像を見つめ、「病気でない人を病気にならないように指導していく」ことに関して深い知識を持っているということを意味しています。
また、そのインストラクターは、優れた身体能力だけでなく、当協会が認定する体重管理指導士を取るほどの知性を有していることも意味します。 したがって、そのインストラクターは「身体を動かす」ということを指導する中に、脳機能と身体能力の関係や、アンチエイジング(エイジングリカバリー)医学のきちんとした知識を持って、健康の全体像を判断しながら、指導することができます。
また、健康に関して不安を感じたときは、そのインストラクターに相談してみてください。その先生のバックには、健康管理指導を主業とする医師がついています。

社交ダンスを教わっています。教えてくれる先生が、予想医学検定の資格を持っているといっていますが、ダンスと医学とは結びつくのでしょうか?

その先生が予想医学検定の資格を持っているということは、身体状況の未来像を見つめ、「病気でない人を病気にならないように指導していく」ことに関して深い知識を持っているということを意味しています。
また、その先生が向学心あふれる人であることを意味しています。 したがって、その先生は、「ダンスを教える」ということを指導する中に、脳機能と身体能力の関係や、アンチエイジング(エイジングリカバリー)医学のきちんとした知識を持って、健康の全体像を判断しながら、指導することができます。
さらに、やや高齢の人の活動意欲を高める技術、血液データを解析しながら一つの運動を動脈硬化予防に活かしていくための知識だけでなく、若々しい姿でいるためにダンスを活かしていくための医学知識を有しています。
また、健康に関して不安を感じたときは、その先生に相談してみてください。その先生のバックには、健康管理指導を主業とする医師がついています。

保育園(幼稚園)の先生が、身長発育指導士の資格を持っているそうです。資格をとっていない保育園と比べて、子どもに良い影響はあるのでしょうか?

子供の活動の一つ一つを脳機能の発育という観点から見守る知識を有しています。そして、身体の成長に関して深くて具体的な知識、子どもの未来を見据えた知識を有しています。
また、その先生のバックには医師がついていますので、子供だけでなく、ご両親の健康トラブル時には電話で医師と相談することができます。

集塵機の購入を考えていますが、営業の担当者が、予想医学検定の資格をとったそうです。集塵機と医学は、関係が無いように思えるのですが、この担当者は信頼出来ますか?

一般に健康関連の機器を販売している人は、販売している商品に関連する知識は十分に有しています。しかし、健康、人体の全体像に関しては、まだまだ素人であり、その商品と健康管理との関連性に関しては、お仕着せの知識を有しているに過ぎません。
しかし、予想医学検定は、「病気でない人が病気にならないようにするための医学知識」を中心に、健康教育を施せるほどの知識を有しています。集塵機の担当者なら、「健康管理における肺機能の位置づけ」「外気による肺ガンの発症性向」「肺ガンに4形態あり」「外気の影響と遺伝子の関係」「肺のダメージ度の推測指標」などを人体、健康、医療の全体像の中で語ってくれるでしょう。

私が加入している生命保険の担当者が、予想医学検定の資格を取ったと言っています。私の保険のアドバイスに良い影響はあるのですか?

生命保険は、「万が一の健康トラブルの時の金銭面からの生活保障」「合法的節税手法」の2つを主たるサービスとしています。それは生活を営む上で極めて重要なサービスです。
それに加えて、あなたの担当者は、「健康トラブルを起こさない方法」を伝授してくれます。もっとも簡単な動脈硬化予防方法、予想医学的見地に基づいたガンの発症予防などです。また、遺伝子検査などをすすめてくれて、病気の発症予測もしてくれます。しかも、その生命保険担当者のバックには、「病気にならないようにする医学」のエキスパート医師が控えています。病気の発症予想、それに基づく発症のかわし方の指導、そして、万が一の時の生活保障の3点セットで行えるということを意味しています。

息子が通っている学校の先生が、予想医学検定の資格を持っているそうです。それは、子どもの教育に役立つのでしょうか?

教師は自分の全人格、全知識で子どもの教育にあたっています。予想医学検定の資格を持っているということは、健康、人体、医療に関して、当方の試験に合格できるほどの知識を持っているということです。
この試験は、京都大学の卒業生でも合格するのに苦労しているほどの試験です。教育にあたってくれているその教師に、単なる健康、人体、医療だけでなく「病気にならないための健康管理学知識」が十分にあるということを意味しますから、子供にもその知識が自然と伝授されていくと思ってよろしいと思います。子供にこの分野を語れると、子供は医療分野に強い興味を持ちますので、勉強して医師になろうという夢を抱くようになる可能性も高くなります。
また、子供が医師になりたい、などの希望を持った時に適切なアドバイスをすることができると期待されます。

6つの資格の詳細はこちら