ホーム > 6つの資格

6つの資格

教養を高める

20年以上にわたってプライベートドクターシステムを運営し、経営者の健康管理指導を行ってきた風本真吾医師が著した至高のノウハウ書

20年以上にわたってプライベートドクターシステムを運営し、経営者の健康管理指導を行ってきた風本真吾医師が著した至高のノウハウ書

平成4年に四谷メディカルサロンで始められたプライベートドクターシステム。運営されてすでに20年以上が経過します。創始した風本真吾医師は、「診療現場を家庭教師の場に変える。私が家庭教師となって、会員に健康、人体、医療を教え、健康管理指導を行っていく」と創業時に宣言し、大勢の経営者を会員として集め、今に至っています。

その過程で、健康管理に新しい風を呼び込んだ「一億人の新健康管理バイブル」(講談社)、世の中の価値観を一変させ、紀伊国屋で16週連続日本一になった「お医者さんが考えた朝だけダイエット」(三笠書房)、プラセンタ注射を世に広めた「お医者さんが考えた一週間スキンケア」(三笠書房)、健康管理学の大成書である「自分の寿命を管理する本」(東京新聞出版局)などのベストセラーを執筆したことはよく知られています。
その風本真吾医師の診療現場で、プライベートドクターシステム会員に説き示してきたことが、3冊の教科書にまとめられました。それが、予想医学検定3級、2級、1級です。勉強して身につける価値がとても大きい3冊です。

プライベートドクターシステムを運営しながら会員の声を聴く中で、風本真吾医師は新しい医療システム、診療体系を築き上げてきました。ダイエット医療、プラセンタ医療、成長ホルモン医療、身体の中からの美肌づくり医療、アンチエイジング医療、子供の背を伸ばす医療などです。
その内容は、サロンを構えて、健康系サービスを提供することを仕事にしている人にとっては、金科玉条ともいうべき、貴重な指導書となります。それらは、体重管理指導士、素肌管理指導士、身長発育指導士の各資格の教科書へとまとめられました。

家族のために、子供のために、未来の夫のために、今の夫のために、自分のために

平成14年以来、好評を博してきた健康管理指導士、予想医学エデュケーター養成講座の資格制度が、さらに進化、発展して、健康、人体、医療のことに関しては、下記の6つの資格へと集約されました。医師でない皆様が、わかりやすく学べる教科書です。生涯で最も役立つ教養として身につけてください。また、医師が学べば、日ごろの診療に健康教育要素を取り入れることができます。特に外科系の医師には、開業前に修得して、患者とのコミュニケーションの原動力にしてほしい知識です。

向学心のある人なら、あるいは、今よりさらに教養を高めたい人なら、誰でも学んで資格を取得することができます。難しい用語、特殊用語は使われておらず、学びやすい教科書が仕上がっています。12年の歳月をかけて完成させた素晴らしい教科書です。
資格取得の試験は受けたくないけど、学びたい、という人も歓迎しています。

学びやすい教科書で身につけられる、生涯の役に立つ知識の所有者であることを証明する「6つの資格」です。

健康管理は、予想医学を学んでから取り組むもの

「90歳を超えても、頭脳明晰で、自分の足でどこにでも行けて、見た目の姿は50歳」

その目標を実現するために取り組む諸行為が健康管理です。予想医学の知識を身につければ、健康管理の羅針盤となり、その目標を実現できる確率が飛躍的に高まります。その予想医学は、本教科書で易しく学ぶことができるのです。

各資格の内容

予想医学検定3級

「健康管理に三態あり。つまり、寿命管理、体調管理、容姿管理である」から始まる健康管理の全体像と、突然死につながる血栓性疾患(心筋梗塞や脳梗塞)を、「発症しやすい身体」か、「発症しようがない身体」かを見分ける方法を学びます。そして、食生活がもたらす体質の変化がどのようなものかを知り、そして、関連栄養素のエッセンスを学びます。

詳細・教科書の内容はこちら

予想医学検定2級

心臓と血管、食道から大腸まで、肝臓、膵臓、腎臓などの身体の全体像、そして脳機能を学びます。脳機能を学ぶと記憶の仕方がわかり、学力向上の秘訣が身につきます。この知識は、子育てにも役立ちます。その上で、ガンを発症していく際の人体のパターン、および、死にゆく病気の事前予防手法、衰えゆく脳の構造と脳の衰えの防止に関して、学んでいただきます。

詳細・教科書の内容はこちら

予想医学検定1級

2級と3級の資格を取得して、寿命管理と体調管理、つまり、「体調絶好調で長生きする」ことの手法、考え方を身につけた人に対して、「若々しい姿を維持し、日常生活を楽しく、明るく、愉快にするための健康管理学、予想医学」を習得していただきます。

詳細・教科書の内容はこちら

身長発育指導士

子供を背の高い立派な体格にしてあげるために知っておくべき知識とテクニックの数々。わが子を育てる親として、他者を指導するカウンセラーとして、そして、子供たちへの教職に就くものとして、生涯、役に立つ必須の資格です。親の背が低い場合、幼少時にわが子が小さかった場合、もう止まりそうになっている場合からの逆転手法も学べます。

詳細・教科書の内容はこちら

体重管理指導士

体重増減のセオリー、ダイエットの成功法、カウンセリング手法、医学的に役立つ栄養成分を習得した上で、「ここ1カ月、体重が変わっていないのなら、摂取しているカロリーと消費しているカロリーが釣り合っている、ということです」から始まる、ダイエット指導のテクニックを身につけます。

詳細・教科書の内容はこちら

素肌管理指導士

きれいな素肌を維持するためには、身体の内からの取り組みを忘れてはいけません。皮膚表面を構成するタンパク質を学ぶことから始まって、皮膚構造のエッセンスを学び、身体の内から素肌をきれいにする栄養素、テクニック、さらには、エイジングリカバリーの医学を習得します。美容のプロのはずでも、知らなかった知識、技術がいっぱいで、「目からウロコ」の数々です。

詳細・教科書の内容はこちら

資格取得の順序

  • 身長発育指導士、体重管理指導士、素肌管理指導士は、単独で個別に受験して、資格取得することができます。
  • 予想医学検定1級は、予想医学検定2級、3級の両方を取得していないと受験することができません。
  • 予想医学検定2級、3級は、どちらを先に取得してもかまいません。ただし、3級を先に取得することをおすすめします。

勉強の仕方

  1. このホームページで教科書を購入してください。自学自習可能な教科書になっています。
  2. 教科書を入手しても、試験を受けなければいけないということはありません。自己の修養、教養のためだけを目的として勉強してもかまいません。
  3. 教科書を入手したら、勉強を始めて、準会員に登録してください(登録しなくてもかまいません)。登録する場合、メールアドレスの記載は必須です。
  4. 準会員に登録したら、メールで質問することが可能になります。質問フォームはこちら
  5. 不定期に講義を実施します。準会員登録者には、講義の案内を送ります。
  6. 1冊の教科書に対して、複数人が準会員登録してもかまいません。1人で1つの登録フォームを送信してください(但し、著作権法上の問題により、テキストを複写をすることを禁じます)。
  7. 勉強を終えたら、希望者は試験に申し込んでください。
  8. 準会員に登録していなくても、試験を受けることができます。
  9. 教科書を購入しないで、試験のみを受けることも可能です(1冊の教科書で複数人が学ぶことを認めているからです)。

教科書の購入方法

  • 教科書は、どれも1部8000円(+消費税)です。
  • 送料は弊社で負担いたします。指定の場所に、代金引換宅急便でお届けします。
  • 教科書は、こちらの専用フォームからお申し込みください。

試験と結果発表に関して

  • 受験料は、各8000円(+消費税)です。
  • 試験時間は、1時間(素肌管理指導士のみ40分)になります。
  • 試験は、50問(素肌管理指導士のみ30問)の正誤選択式になります。
  • 試験日程は、下記に示します。定員になれば締め切ります。
  • 試験は、こちらの専用フォームからお申し込みください。
  • 試験を申し込んだら、受験票が代金引換宅急便(8000円+消費税)で届きます。
  • 受験票は、当該日のみ有効です。試験会場に来る際には、必ず写真を貼付した受験票を持参してください。
  • 試験結果は、約1ヶ月後に書面にてご報告します。
  • 合格者には、資格証書をお届けします。
  • 合格した際、名前の公表を希望する場合は、申請してください。このホームページで公表します。

試験会場

本会場:東京都新宿四谷4-7白川ビル5階 アクセス

試験日程

10月14日(土)
  • 11:00-12:00 身長発育指導士
  • 12:30-13:30 体重管理指導士
  • 14:00-14:40 素肌管理指導士
  • 15:00-16:00 予想医学検定3級
  • 16:30-17:30 予想医学検定2級
10月15日(日)
  • 10:00-11:00 予想医学検定2級
  • 11:30-12:30 予想医学検定3級
  • 13:00-14:00 身長発育指導士
  • 14:30-15:10 素肌管理指導士
  • 15:30-16:30 体重管理指導士

※予想医学検定1級の試験日程は、予想医学検定2級、3級の合格者にご案内させていただきます。

お問い合わせは、日本健康教育振興協会(03‐3225‐1840)までご連絡ください。